「どうせ私なんて…」

カオリの狙い

どうせ私なんて、
このまま一生結婚できないのよ…

またフラれた…。
先週のデートでは良い雰囲気だったのになんで!?
私って、いつもそう。アプローチをもらったり、メールのやり取りは続いたりするのに、実際に会うと必ずフラれるのよね…。
婚活を始めてフラれたのは、これで4回目。鉄の女と言われた私でも、さすがに傷つくわ…。
どうせ私なんて、このまま一生結婚できないに決まってるわ…ハァ…。

【男の本音】「そんなことないよ」っていうフォロー待ち?

男の本音

うっっっわ、めんどくさっ。
これって「そんなことないよ」っていうフォロー待ち?
よくいるんだよね、そういう人。正直言って、扱いに困る。
ガチでネガティブな人もいるけど、たまに「かまってちゃん」もいるから始末に負えない。
どっちにしろこういう女には関わりたくないし、距離を置こう。

こうすれば、うまくいく!

声に出して自分を褒めちぎろう!

解説者

「どうせ」という言葉は、相手に良い印象を与えないばかりか、婚活意欲すら奪ってしまいます。
呪いのキーワード「どうせ」が出てしまうのは、自分に自信を持てなかったり、自分の努力が人に認められなかったりしたときです。そのため、この言葉を使うとマイナスな気持ちが強まり「頑張っても良い結果が得られない」「自分を認める人なんていない」と思い込んでしまいます。この思い込みが、モチベーションダウンにつながるのです。

ネガティブ状態に陥ったときは、積極的に自分を褒めましょう。声に出して言うことで、自信が回復しますよ。人は自信をなくしてしまうと、堂々と振る舞えなくなる生き物です。「どうせ…」という言葉が口に出そうになったら、自分の価値を高める言葉に言い換えて、自信をつけましょう! とはいえ、気分が落ち込んでてしまっているとき、すぐに気持ちを切り替えるのは難しいですよね。とくに、もとからネガティブ思考の人はなかなかうまくいかないはず。
こういったタイプの場合は、考え方を変えてみるのが◎。「自分は今、スタート地点にいる」という感覚を持つと良いですよ。不安はあっても「まだこれからだ!」という気持ちになれるので、今までよりも前向きになれるでしょう。

カオリの狙い

婚活がうまくいかないし、ママと女子会しよ~♪

どうして婚活がうまくいかないのかしら?
仕事も順調で主任として働くバリキャリなのに、私に相応しい人が見つからない!
条件も「年齢は30代前半」「年収800万円以上」「身長180cm以上のイケメン」の3つだけなのに…。
ハァ…どうせ良い男はいないだろうし、来週の婚活パーティーは行かないで、ママと女子会でもしようかな~♪

【男の本音】条件高すぎでしょ!そういう女性って引いちゃうな…。

男の本音

条件高すぎでしょ!
そもそも30代で年収800万円以上、身長180cm以上のイケメンは婚活しないよ。
自分のキャリアにプライドもあるみたいだし、なんかそういう女性って引いちゃうな…。
しかも未だに母親とべったりなのもどうかと思うよ。一緒に遊ぶ女友達がいないのかな?

こうすれば、うまくいく!

婚活が失敗する原因は自分!? 欠点を理解して活動しよう

解説者

婚活がうまくいかない人には、4つのタイプがあります。以下のタイプにひとつでも当てはまっていたら要注意!どんなに頑張っても結婚できません。しかし自覚があれば、まだ間に合います。婚活がうまくいかない理由を知って、幸せな結婚をしましょう!

1.プライドが高い

ハイスペックの人や、若い頃にモテた人に多い特徴です。このタイプは、総じて「自分にはもっと相応しい人がいる」と思いがち。しかし本当に魅力的であれば、すでに相手を見つけて結婚しているはずですよ。
どんなに優れていても、態度や言動にプライドの高さが目立つと、好感度が下がります。まずは他人から見た自分が、どのような人間に見えるのか、自覚しましょう。

2.親離れができていない

このタイプは、実家暮らしや親と仲が良い「友達親子」な人がほとんど。社会的・経済的に自立していても、親との距離が近いために精神的な自立ができないのです。親離れしていない人は、新しい世界に踏み出す勇気がなく、自分と両親の世界に第3者が入ってくるのを嫌がります。
そんな状態では、お見合いとデートを繰り返す「婚活ごっこ」をしているに過ぎません。結婚できないのは当然でしょう。まずは自立することが、幸せな結婚にいたる第一歩です。

3.条件が多い

「年収は800万円」「年齢は30代から」など複数の条件を挙げるタイプは、出会いを逃しがちです。条件を設けるということは、その分ストライクゾーンが狭くなるということ。そのため、自分でチャンスを潰しているといえるでしょう。
幸せな結婚には、ある程度の条件が必要です。しかし多すぎると婚活は上手くいきません。「条件を全て満たす人はいない」と割り切り、多くの人と出会うことを最優先しましょう。

4.ネガティブ思考

相手に何度も断られると、ネガティブ思考に陥りがちです。しかし、婚活とは本来そういうもの。お見合いやデートを重ねて「断られる」「断る」の繰り返しです。傷つき、気後れする気持ちは分かりますが、それではいつまでたっても婚できません。
断られたときは「縁がなかっただけ」と気持ちを切り替えましょう。明るく行動的に婚活すれば、いつか必ず素敵な相手と巡り合えますよ。

カオリの狙い

疲れた…婚活やめたい。でも結婚したい…。

他部署の女の子が寿退社、かぁ…。
いいなぁ、結婚。私も早く結婚しないとやばいのに、全然良い人が見つからない…。
空いた時間は必ず婚活しているのに、どうして私は結婚できないんだろう?
考えるのがイヤになってきたなぁ。あー、お見合いも婚活パーティーも疲れた…。
婚活やめたいなぁ。でも結婚したい…。

【男の本音】気張らずに、たまには婚活を休めばいいのに

男の本音

うっわ、顔がすごくやつれてるー!
ゾンビかと思ったわ。生気なさすぎ(笑)
こんな状態で、良い出会いがあるわけないじゃん。
ぶっちゃけ、俺だったらこんな婚活ゾンビは願い下げだよ。
「ケッコン!ケッコン!」って気張らずに、婚活を忘れてたまには休めばいいのに。

こうすれば、うまくいく!

婚活うつになる前に!疲れたら休むのも大切

解説者

婚活疲れは「早く結婚しないと!」というプレッシャーや、頑張っているのに結果が出ないことで陥りやすくなります。積極的に活動しぎる人や、世間の価値観を気にする人はとくに疲れやすく、酷いときは「婚活うつ」になることも。
疲れているのに、無理に婚活を続ける必要はありません。「婚活に疲れたな」と感じたときは、思い切って休みましょう。

バイバイ婚活疲れ!おすすめの息抜き5選

1.女子会

仲の良い友達との会話は、婚活疲れに効果テキメン。本音トークでストレスを解消するとともに、友達からアドバイスをもらいましょう。誰よりも近しい第3者なので、率直な意見を言ってくれるはずです。

2.おいしいものを食べる

婚活中は容姿を気にして、ダイエットする人も多いでしょう。ですがたまには頑張っている自分へのご褒美として、好きなものを好きなだけ食べてみては?お腹が満たされれば、心も満たされますよ。

3.カラオケ

ストレス解消といえばカラオケ。とくに一人カラオケはおすすめです。人目を気にせず熱唱すれば、沈んだ気持ちがいつの間にか晴れやかになること間違いなし。

4.運動する

思い切り体を動かして汗をかけば、心だけでなく体もリフレッシュできますよ。イチオシのスポーツは、気軽にできるウォーキング。元々運動が好きな人は、ジムに通うのもおすすめです。息抜きだけでなく、新たな出会いが期待できるかも。

5.映画鑑賞

少しだけ現実世界から離れて、物語の世界を楽しむのもいい息抜きになりますよ。手に汗にぎるアクションを楽しむもよし、ロマンチックな恋愛映画から婚活テクを学ぶもよし。素敵な映画を見て、気持ちを切り替えましょう。

まだまだイケる!でも出会いがない…アラフォーが挑むべきは結婚相談所