アラフォー婚活TOP » 【第1章】アラフォー・カオリの勘違い婚活日記 » カオリの勘違い(1)「どぉ?私の若見せファッション」

カオリの勘違い(1)「どぉ?私の若見せファッション」

カオリの狙い

若い見た目とオトナの色気を
あわせ持つ私

40代って、若いコには出せない、成熟したオトナの色気があるでしょ?
そこにマイナス10歳、15歳になれる「若見せコーデ」をプラスしたら、最強じゃない!? ファッションって、流行りを追い続けないと、すぐに老けてみえちゃうもの。
若い子にはまだまだ負けないわよ!
20代女子に人気のブランドも着こなせるオトナ女子なんて、この辺じゃ私くらいよ。

【男の本音】「若さ」と「若作り」の違いもわからないのかよ

男の本音

「若く見える」のと「若作り」って全く意味が違うんだよね。 イイ歳して、10代20代の女の子が着るようなファストファッションばっかり着て、美魔女ぶってる女とかいるでしょ?
ああいうのが一番キツい。
崩れた体型に、若い子向けの服なんか似合うわけないのにさ。
年相応の服を選べないってだけで、中身のヤバさが証明されたも同然だよね。

こうすれば、うまくいく!

若さアピよりも男性ウケを意識するべき

モテるには、クローゼットの総入れ替えから!?

解説者

男性からの好感度を上げるためには「若見え」より、もっと重要なポイントがあります。それは「男性ウケ」。
一般的に、男性は若い女性が大好きなイキモノです。だからといって、決して若いとは言えないオトナの女性が若さをアピールしても、逆効果です。なぜなら、隣を歩きたくないほど痛々しく見えるから!若い人と張り合うのは、もうやめましょう。
これからは、40代の自分らしさを表現できるファッションにシフトすべきです。自分が一番輝ける服に身を包めば、自然と気分も明るくなり、若々しく見えますよ。

アラフォー女性を美しく見せるのは「キレイめカジュアル」

アラフォー女性の魅力は、落ち着きや品の良さ。流行りモノで全身を武装するのは、正直がんばりすぎです。アラフォー女性の美しさを引き出すのは、女性らしさを品よくアピールできる「キレイめカジュアル」。派手すぎない洗練された雰囲気で、オトナならではのこなれ感を演出できます。ポイントは、オーソドックスなシルエットを選び、カラーで流行色を取り入れるなど、トレンドとの調和をはかること。ここでは、好感度UP間違いナシのお手本コーデを紹介します。

お手本コーデ:流行りカラーで遊びつつ、優等生カラーの白で決めるオトナのレディライク

【トップス】白シャツ

白はどんなカラーとも相性バッチリ。どんなスタイルにも合わせやすいので、着回し力もUPします。清楚さを演出できる、オトナの女にこそ着こなしてほしい一枚です。また、リネンやとろみ系などの布の素材や質感を変えるだけでも印象が変わって楽しめますよ。

【ボトムス】フレアスカート

スタンダードなシルエットながら、女性らしい柔らかな印象を与えるフレアスカート。流行りやお気に入りのカラーをコーデに取り入れるならココ!ひざ丈を選ぶと適度に肌も見えて、オトナかわいくなりますよ。

【シューズ】ポインテッドトゥパンプス

キレイめカジュアルに合わせたいのは、足を長く見せるパンプス。若いコが履く厚底ヒールはやめて、年相応のパンプスを選びましょう。なかでもポインテッドトゥパンプスは、オンオフ問わずどんなスタイルとも合わせやすく、様々なシーンにハマります。

カオリの狙い

大胆なミニスカートで
メンズを悩殺!

私って脚が細いから、アラフォーにしてはけっこうスタイルがいいのよね~。
せっかく神様が私に与えてくれた美脚なんだから、隠してたらもったいないと思うの。
この前、かわいいミニスカートを買っちゃったし、今日は大胆に、膝上5cmのスカートで仕事に行くわよ!
ビジネスウーマンの、真面目なだけじゃない、セクシーな部分を見せちゃうわ。
メンズの視線を独り占めするのは、この私よ!

【男の本音】色気=露出だとカン違いしてるアラフォー女はマジでキツい

男の本音

40代でも、似合っているならミニスカを履いてもいいけどさ、それって女優やごく一部の美人に限った話なんだよね。
ちょっと美容に気を使っている程度のアラフォーがミニスカを履いても、見苦しいだけ。
よく着ていられるよね。
色気と露出を履き違えるのは、マジで勘弁してほしいよ…。

こうすれば、うまくいく!

ミニスカは20代で卒業!パンツスタイルで魅せる脚線美

解説者

脚のきれいな女性は魅力的です。しかし、人の魅力とは自然に溢れ出るものであり、ひねり出すものではありません。ましてや肌を見せただけで「かわいい」「セクシー!」と持てはやされる時代は、20代でおしまい。30歳を過ぎると、過度な露出は男性に引かれます。なぜなら見たくないから!カサカサお肌や、意外と年齢が出る膝、たるんだ太ももは、見ていて気分のいいものではありません。40代のミニスカート姿を褒めるのはあなたより年上の男性か、かなり偏った趣味の男性だけだと気付きましょう。
「露出がダメなら、スカートの下にトレンカやタイツを履けばいいの?」と思ったそこのあなた!ここ数年、ファッション雑誌を買っていないか、まともに読んでいないのでは?今では定番アイテムとなったトレンカやタイツですが、アラフォー女性が履くと時代遅れな印象を受けます。男性の目には、お洒落というよりも「見せられる肌じゃないから、タイツで隠してるんでしょ?」と逃げの姿勢に映るようです。上手くアイテムを組み合わせても、アラフォーのミニスカートは評価が低いのが現実…。
アラフォー女性の皆さんは、肌を出しすぎない服装を心がけましょう。どんなに美脚に自信があったとしても「能ある鷹は爪を隠す」といいます。最初から手持ちの武器をすべて晒してしまうと、男性から「脱がしがいのないオンナ」だと思われますよ!

お手本コーデ:色合いと素材をでイイ女力をあげる上品コーデ

【トップス】シンプルなピンクのブラウス

柔らかな色合いのブラウスをトップスに持ってくることで、全体が暗くならず、女性的な上品さが出ます。

【ボトムス】アースカラー・サファリ柄のスリムパンツ

アースカラーやサファリ柄は落ち着いた色合いですが、地味になりすぎないのでコーディネートしやすいです。またスリムパンツは、肌を見せずともシルエットで脚を美しく見せることができるアイテム。足首が少し見えるくらいの丈にすると、上品さがUPしますよ。

【シューズ&小物】リアルレザーや帆布素材

ヒールが細めのパンプスを選ぶと、脚のラインがすっきりして見えますよ。バックは黒のシンプルなデザインがおすすめ。しかし小物が単色だと、飾り気がなさすぎるかもしれません。そこでこだわりのポイントが「素材」です。リアルレザーや帆布など、オトナに似合う素材を選びましょう。逆に、ナイロンや合皮素材のバッグを使っていると、子供っぽくみえるので注意!

カオリの狙い

リボンをつけた
私をfor you♪

女性らしいファッションといえば、リボンやレースがたくさん付いた洋服。 素直なカワイさで、「守ってあげたい!」って思わせるわよ~。
きっと男性はプレゼントを開けるように私のリボンもほどきたくなるはず!
私って、そういうお茶目なアプローチもできちゃう、罪なオンナなのよね…。

【男の本音】ロリコンと熟女趣味をこじらせた男にしか選ばれないイタさ

男の本音

「年相応の落ち着き」とか、考えたこともないんだろうな…。
最近「○○女子」って言葉を平然と使うBBAが多いけど、その服は「女子」の範疇超えてますから。
「少女」趣味ですから!
正直、同じ格好を20代の女の子がしてたとしても、俺は引くな。
あんな女と付き合ったら、周りに「ロリコンなの?それとも熟女趣味なの?どっち?」っていわれそう。

こうすれば、うまくいく!

ロリータチックな恰好は絶対NG!清楚なオトナになろう

解説者

女として生まれたからには、いくつになってもお洒落を忘れず、素敵な洋服を着ていたいですよね。しかし、いつまでも少女趣味が抜けきらないと幼稚に見えるだけ。とくに、フリルやリボンがたくさんあしらわれた「ロリータファッション」チックな恰好はアラフォー女性に似合いません。周りの男性は「かわいい!」よりも先に「キツいな…」と、マイナスの感情を抱くでしょう。
モテを狙うなら、かわいさよりも「清楚さ」を意識するのがおすすめです。男性に好まれる清楚さは、デザインではなく、服の素材でアピールしてはどうでしょう。例えば、透け感のある生地や、風にふわっと揺れる生地をトップスに持ってくると、フェミニンな印象になりますよ。原宿系のかわいさを捨て、これからは「オトナかわいい」服に身を包んでみては?

お手本コーデ:甘すぎないオトナのフェミニンコーデ

【トップス】 白のカットソー

最近は若い女性の間でオーバーサイズのトップスが流行っていますが、軽率にアラフォー女性が真似をするとだらしなく見えます。30~40代に合うオーバーサイズの着こなし方は、ボトムスにインすること。また、デコルテを美しく見せるお洒落テク「えり抜き」や、スカーフを使って首回りを飾るのもおすすめです。オトナならではの「着こなし術」をマスターしてみては?

【ボトムス】ひざ丈のシースルースカート

スカートは膝下の丈を選ぶと、露出しすぎず爽やかな印象に。全体的にシンプルなデザインとダークカラーでまとめつつ、スカートの柄と素材でハズすと、洗練されたオトナの女性コーデに決まります。

【シューズ】黒のベルトパンプス

足首でベルトを締めるパンプスだと、足首が細く見えますよ。ストラップがクロスしたデザインだとより華奢な印象になり、足元からフェミニンさが溢れます。

まだまだイケる!でも出会いがない…アラフォーが挑むべきは結婚相談所