アラフォー婚活TOP » 【第1章】アラフォー・カオリの勘違い婚活日記 » カオリの勘違い(4)「オトコの浮気は仕方ないよね?」

カオリの勘違い(4)「オトコの浮気は仕方ないよね?」

カオリの狙い

浮気なんて小さなことで怒ったりしないわ

男には「狩猟本能」が備わってるっていうでしょ?
次の獲物に目移りしちゃうっていう、アレのこと。
だから、他の女の子にちょっかい出しちゃうのは仕方ないのよ。
大丈夫。本気じゃないって私はわかってるわ。
どうせすぐに私の所に戻ってくるもの。
その程度で怒る程、私は暇じゃないわ。
その代わり、バレないように上手くやってよね!

【男の本音】どうでもいいオンナだから浮気されるんだよ

男の本音

男を知ったような口ぶりで語らないでほしいよ。
本人はいいオンナアピールのつもりで「浮気を大目に見るワタシ」を演出してるんだろうけど、ただ彼氏に言えないだけでしょ?「この女誰よ!!」って。
独占欲の裏返しっていうかさぁ、自分が「重いオンナ」だってバレて捨てられるのが、怖いだけじゃん。
本当にいいオンナは、浮気なんかされないよ。

こうすれば、うまくいく!

浮気されるかどうかは、あなた次第!?

解説者

全ての男性が浮気をするわけではありませんが、残念ながら浮気に走ってしまう男性もいます。彼氏の浮気を知って、傷つかない女性はいません。それは、カオリさんも例外ではないのです。カオリさんの「浮気するなら、バレないように上手くやってね」という言葉は、実はただの強がり。本当に浮気された時に自分の心が傷つかないよう、事前に張った予防線なのです。カオリさんのように、恋愛経験が豊富でプライドの高い女性は、パートナーの浮気に寛容であるかのように装いがち。「私ほどいいオンナから離れられるワケがない!」と思っているのかもしれませんね。
しかし、物分かりのいいフリは百害あって一利なし。やってもいない浮気を肯定されると、彼氏は真剣な付き合いにも関わらず「俺って、遊ばれているのかな…?」と不安になります。浮気心がない一途な男性でさえ、「浮気してもいいよ」と言われ続けると、邪な心が芽生えるもの。結果、浮気を助長させる雰囲気を自ら作っていることに、多くの女性が気付いていません。さらに、周囲からは「浮気されることを前提に付き合っている、諦めモードのオンナ」と見られることも。
生きていると、人の力ではどうすることも出来ない「仕方ないこと」に遭遇することがあります。しかし、彼氏の浮気は「仕方ないこと」だと諦めるべきではありません。無駄なプライドを捨てて、イヤなことに対して、きちんと「イヤだ」と言いましょう。男性は、素直で正直な女性にかわいさを覚えるものです。結婚を意識するなら「傷つけても許してくれる女性」ではなく、「一生大事にしたいと思わせる女性」を目指しましょう。

カオリの狙い

みんな
言ってたよ?

この前、合コンで知り合った男性とデートしたんだ~。
背が高いうえに銀行員で「この人いいかも♪」って、出会った時から思ってたの。
でも、レストランで割り勘にされて「あり得ない!」って興ざめしちゃった…。
女子会でその話をしたら、みんな「最低だね、その男!」「途中で帰って正解だよ~」って言ってたわ。
みんなが言うなら、私の考えは間違いじゃないわね。
相手には、お断りのメールを送っておこう。
「男性がデートで割り勘っていうのは、ないと思います。みんなもそう言ってました。」…っと、送信!

【男の本音】子どもじゃないんだから、他人の意見がなくても話せるでしょ?

男の本音

自分の気持ちを他人の意見を介して主張してくるのがムカつくよね。
「大多数と同じ意見だから私は正しいのよ!」って言いたいんだろうけど、そもそもみんなって誰?何人?
仲のいい友人数名だけって「みんな」の内に入らないでしょ。数も数えられないワケ?
それ、小学生が親に欲しいものを強請るために「みんな持ってるよ!」って言うのと、何も変わらないよね。
アラフォーなんだから、幼稚な考えや発言が許されない年齢だっていい加減気付けよ。

こうすれば、うまくいく!

男性に嫌われやすい口癖なので、すぐに直しましょう

解説者

自分の意見を正当化したい時、つい言ってしまう「みんな言ってたよ」という何気ない一言。男性は、非常に嫌うのです。一般的に「みんな」とは大多数を指す言葉ですが、日常会話で使われる場合、高確率で、周囲に居る数名だけを指します。本当は「みんな」ではないのです。女性と比べて理論的に考えるのが得意な男性は「みんなって、誰のこと?何名くらい?」と真っ先に考えます。この時点で、女性が本当に伝えたい「不満に思っていること」は、男性の耳を通り抜けているのです。
伝え方が間違っているため、男性との意志の疎通がうまくいきません。また男性側も、女性が口にする「みんな」が、周囲に居る数名の友人だけを指していることを百も承知。「いい歳して、誰かに同意してもらえないと言いたいことも言えないの?」と、心の中では幼稚さに幻滅しているのです。また、他人の意見に依存する様子から「周りに流されやすいチョロいオンナ」だとも見られます。その場合、強くお願いすれば多少のムリでも聞いてくれる「都合のいいオンナ」扱いされる危険性が!恋人というよりも、パシリや母親に近いポジション止まりで、結婚へ辿りつけません。
自分の考えを伝えることが目的なら、周囲の意見を持ち出す必要はないハズです。しかし「大多数の意見」という強い説得力に頼って「みんな言ってたよ?」と付け足すのがクセになっている人は多いもの。男性がアラフォー女性に求めているのは、周りの意見に流されない芯の強さです。悪いクセだと早く気付いて、直しましょう。

カオリの狙い

私って
顔の造りが派手だからさ

どうして私をデートに誘う男性が少ないんだろうって、色々考えてみてわかったの。
私って、近づきがたい高嶺の花なのかもしれないわ。
元々顔の造りも派手だから、ちょっとメイクしただけで遊び慣れてるオンナに見えるのよ。
だから、ハイスペックな男性かよっぽどのプレイボーイでもない限り、緊張しちゃうみたい。
美しいって、本当に罪ね。
心配しなくても、私がリードしてあげるのにな~。

【男の本音】近づきたくないだけだよ

男の本音

本当の美人って素材が違うから、メイクをしなくても充分きれいだよね。
メイクが必要ってことは、つまりその程度のルックスってこと。
「自分は彫りの深い顔立ちだから美人!」って思ってるようだけど、ただの厚化粧だよ、それ。
ケバすぎて、いつも午後になると化粧が崩れて酷い顔になってるって、気付いてないの!?
そりゃ、誰も「この後どうですか?」なんて誘いたくないわけだよ。
むしろ誘われても「お引き取りください」って感じなんだよね。
勘違いが直らない限り、お声がかかることはないんじゃないの?

こうすれば、うまくいく!

いいオンナだと勘違いした言動はやめよう!

解説者

自分磨きを怠らない向上心の高い女性が陥りがちなのが、いいオンナぶってしまうこと。本当に素敵な女性は、憧れの対象として周囲から好かれます。しかし、中身が伴っていないにも関わらず、見た目と発言だけ「いいオンナ」ぶってしまう女性は、距離を置かれやすいのです。しかし、どこからが「ぶっている」イタい言動なのかは、自分ではわかりにくいもの。ここでは、いいオンナぶる女性が犯しやすい、2つの過ちをご紹介します。

自分は美人だと勘違いしている

自分のルックスに自信を持つことは、素敵なことです。しかし、何事も程度が大事。過度な自信は、人を狂わせます。SNSへ毎日のように自撮り写真をアップし、隙あらば自分のモテエピソードを披露してはいませんか?仮に人気女優と同じくらい美人だったとしても、付き合わされる周囲の人々はウンザリするでしょう。

本当に美人ならば「きれいだよね」という他人の評価を必要としません。なぜなら、言われなくとも知っているから。他人に賛同を求めるのは、自信のなさの表れです。「私、きれい?」と、面と向かって聞いてくる分、口裂け女の方がマシかもしれません。女性として、いつまでも美しくいたいと思う気持ちは誰しも持っています。しかしアラフォー女性の場合、美しさだけではモテないもの。相手から良く思われたいのならば、相手のいい所を褒めて、好感度を上げてみてはどうでしょう。

恋愛経験豊富アピールが多い

付き合った男性が多いことを、誇るアラフォー女性もいるでしょう。しかし、周囲の人には「結婚相手として見てもらったことがないんだ…」と思われています。魅力的な女性の周りには、自然と男性が集まります。そのため、恋愛に発展するチャンスも自然と増えるハズ。だからといって「恋愛経験が多ければ多いほど、魅力的な女性である」という証明にはなりません。なぜなら、結婚願望があるにも関わらず恋愛経験だけがむやみに多いのは、失敗を繰り返していることの証明だから。1番大切な「ゴールインした経験」は持っていないのです。また、モテアピールが多いと、男性から「軽い女性」だと思われることも。本命の女性として見てもらえるよう、過去の恋愛トークをする際は、内容や伝え方に注意しましょう。

まだまだイケる!でも出会いがない…アラフォーが挑むべきは結婚相談所