アラフォー婚活TOP » 【第4章】カオリの結婚しない言い訳~アラフォー女友だちからの密告~ » 「傷つくぐらいなら、独身のままでいい」と言い出した

「傷つくぐらいなら、独身のままでいい」と言い出した

カオリの狙い

傷つくのが怖いから
婚活やーめた

この年齢で好きな人に振られたらダメージ大きすぎて、生きる気力なくなると思うわ。
とっても怖いし、女性として自信を無くすどころか、二度と立ち直れなさそう。
絶対うまくいくって約束されているなら、私だって精一杯アタックするわよ。結婚はしたいから!
でもそんな事絶対ないし、年齢も年齢だからチャレンジしていくなんてはっきり言って無理。傷つくのが目に見えているしね。傷ついて悲しくなるくらいなら、もう婚活なんてやめてやる!

【アラフォー女友だちの証言】マイナス思考がすぎるからダメなんだよ!

後輩の本音

前から思ってたけど、カオリって変な所でマイナス思考だよね。今回はそれが過ぎると思うよ。今までの経験が、そう考えさせちゃうのかな。でも、そのマイナス思考が原因でこれまでうまく行かなかったんじゃない?マイナス振られちゃったらどうしようとか、相手に嫌われたら落ち込むからアタックしないとか。そんな感情が、全部相手に伝わっちゃって、それが原因で縁がなくなったとか。悲劇のヒロイン気取る前に、まずは全力で恋をしてほしい。悩んで嘆くのは、それからにして…。

こうすれば、うまくいく!

怖がらずに、まずは思い切って行動に出よう!

解説者

恋愛するのに年齢は関係ないもの。人はいくつ歳を重ねても、恋をする資格があるのだから、まずは全力でアタックしてみるべきです。
傷つくのが怖い、どうせ傷つくなら恋などしない…といった考えがマイナスオーラとなって、知らず知らずの内に相手へ伝わっているかもしれません。男性にとって、自信過剰で周りを見ない女性も厳難しいですが、悲観的でいじけてばかりの女性も、接しにくい相手となります。相手まで元気にさせたり前向きにさせたり、一緒に居たいと思わせてしまうぐらいに、前向きである女性の方が魅力的です。
自分を大切にすることも必要ですが、逃げることと同一視してはなりません。傷つきたくないからと、いじけて殻に閉じこもったままでは、ずっとひとりぼっちかもしれませんよ。とにかく、男性と関わらなければ何も始まらないのです。

しかし、いきなり積極的に行動をしても逆に疲れてしまうかも。だからこそ、少しずつでいいのです。自分ができる範囲で行動していきましょう。マイナスな思考から生まれるイメージを言い訳にして逃げずに、自分から行動する勇気を持てるようにします。

そして、気持ちを早く切り替えるスキルもあると、もっと前向きな行動ができるのです。もしも、脈があると思っていた男性に振られてしまったら、マイナス思考の方であるとずっとそのことを引きずるでしょう。しかし、ここで「嘆いても仕方がない!次の出会いに期待!」と、気持ちを切り替えられるだけでも大分違います。逃げずに行動ができますし、前向きに物事が考えられるので、素敵な出会いに一歩近づけられるのです。婚活に必要不可欠なのは、前向きさと思い切った行動。逃げてばかりでは、何も始まらないですよ!

カオリの狙い

やっぱり
実家がいちばん♥

最近思うんだけど、ずっと実家暮らしでもよくない?職場も近くて便利だし、出ていく必要が全くないでしょ。便利だし一人じゃないしね。
私だって、彼氏ができたら自立も考えるわよ。ひとり暮らしもしたいって考えてるし、同棲には憧れてるし。前までは両親も結婚しないのかって、何度も言ってきたけどね。今は特に何も…。
婚活サイトに登録するとか、ちゃんと行動も起こしているけど、全然出会いなんてない!多分だけど、両親もあきらめてるんじゃない?

【アラフォー女友だちの証言】いや、だから婚活成功しないんじゃない?

後輩の本音

この歳で、親におんぶで抱っことか、もう終わってるとしか思えない。アンタはそもそもアラフォーで、しかも独身なんだよ!もっと危機感持った方がいいって。お金は溜められるし家賃もないし、楽なのは確かだよ。親が元気で頼れるのも羨ましい。でも、ひとり暮らししてる私の方が、よっぽどちゃんとしてる気がするわ。カオリが婚活失敗する理由、なんとなく分かっちゃった。何事にも甘ちゃんなんだよね、カオリは。

こうすれば、うまくいく!

独身だからこそ、ひとり暮らしにチャレンジするべき!

解説者

40年間ずっと実家で暮らしていると、身の回りのことを母親にやってもらうのが当たり前になっているのかもしれません。作らなくても食事はちゃんと出るし、自分で洗濯機を回さなくても洋服はきれいになっている。やってもらえて当たり前、意識せずともなんでも親任せになっているはずです。もちろんやろうと思えばできると、反論するでしょう。しかしこのような行動は、ひとりで暮らすようにならなければ、身につけるのは難しいのです。

今からでも、ひとり暮らしをしてみましょう。婚活を成功させるためにも、まずは自分ひとりで行動できるようになる必要があります。物件探しから契約手続き、家具家電を揃えて生活基盤を築きましょう。そして、仕事をしながら日々の家事をひとりで行なうのです。掃除洗濯、料理をすることの大変さを知り、経験を積んでいく。親の偉大さを実感できますし、着実に生活力が身につきます。結婚しても問題ない程度には成長できるはずです。

女性が家事全般を行なう決まりはありませんが、基本的に結婚をすれば家事を行なう必要が出てきます。その時に、家事もろくにできないようでは旦那様に呆れられることでしょう。きっちりしすぎても、逆に面倒な女性だと思われてしまいますので、適度に家事全般ができる程度の生活力を身につけましょう。

ひとり暮らしは、そのためにも必要なのです。

カオリの狙い

私の本当の良さは、
ちゃんと見れば分かるのに

近所のおじいちゃんにはとっても人気あるし、私もまだまだイケてるとは思うんだけどね。私の本当の良さは、ちゃんと見てくれないと分からないわ。だからこそ、昔から私を知っている近所のおじいちゃん達に好かれているのよ!そうなると、やっぱり結婚できない原因は出会いが少ないからかも。出会いがなければ、それほど私を知ってもらえる機会がないもんね。

【アラフォー女友だちの証言】同年代にウケなきゃなんの意味ない

後輩の本音

いやいや、おじいちゃん達にモテていても、全く意味ないよね?その中に結婚を前提に考えられる人がいるなら、そりゃあ話は別だけど。でもいないでしょ、いたら結婚してるはずだもんね。ちやほやしてくれるおじいちゃん達の中にいるのは、居心地は良いかもしれない。でもそれってただの自己満足じゃないの?同年代にモテなきゃ婚活の意味がなさすぎるもの。早くそれに気づいて、出会いを求めにいかなきゃ一生独身よ!おじいちゃん逆ハーレムから抜け出して!

こうすれば、うまくいく!

居心地が良いコミュニティより、出会えるコミュニティへ

解説者

おじいちゃんに好かれるのは、決して悪いことではありません。むしろ人間的な魅力があるからこそ、年齢が離れている方に好かれるのでしょう。

しかし、婚活においてそれは何の意味もありません。相手はただの、近所のおじいちゃんです。例え「もう少し若かったら、結婚したいのになぁ」と言われても、それはお世辞。真に受けて、私は魅力的だと自信に繋げるのも悪くないですが、耳触りのいい言葉に酔っているだけでは、いつまでたっても結婚できませんよ。

婚活に本気で取り組むなら、同世代や結婚許容範囲の年代の方と出会える場に行ってみましょう。婚活パーティーや趣味の集まりなど、出会える場所はたくさんあります。居心地の良いコミュニティから抜け出し、新たなコミュニケーションが図れる場におもむいて出会いを見つけましょう。

まずは、趣味が同じ人たちが集まるイベントなどに絞ると、話も弾みやすく仲を深められます。交際に発展しやすく、効率が良いと言えるでしょう。ですが、趣味で盛り上がれたとしても出会いがなければ、早々に切り上げてほかの婚活サービスを活用すべきです。また居心地が良い空間に甘えてしまって、婚活がおろそかになる恐れがありますしね。

結婚したいのなら、出会いを求める貪欲さが必要です。そのためには、新たな出会いの場に飛び込まなければなりません。自分の本当の良さを見て欲しいなら、見てもらえるようにコミュニケーションを取らないと!選ぶべき相手はご近所のおじいちゃんではなく、結婚対象としてより現実的である同年代やプラスマイナス10歳くらいの男性ではないでしょうか。

まだまだイケる!でも出会いがない…アラフォーが挑むべきは結婚相談所