アラフォー婚活TOP » 【第4章】カオリの結婚しない言い訳~アラフォー女友だちからの密告~

【第4章】カオリの結婚しない言い訳~アラフォー女友だちからの密告~

婚期が遅れているアラフォー独身女のカオリ。同じくアラフォーの女友だちからさまざまな密告が飛びこんできます。カオリが口癖のように言っている、「アタシが結婚しない理由」とは一体どのようなものなのでしょうか。こうはなりたくないと思わせる、アラフォー女の特徴を紹介していきます。

「傷つくぐらいなら、独身のままでいい」と言い出した

婚活に疲れてしまい、傷つくことを恐れ、結婚したいのになかなか素直になれないアラフォー独身女のカオリ。そんな彼女が逃げに走ってしまいます。しかし、そこで逃げてしまっては、結婚はできずに一生独身まっしぐら。婚活成功には逃げないことが大切です。同じくアラフォーの女友だちからの手厳しいコメントと、婚活を成功させるためのアドバイスを紹介しています。

一生独身が嫌なら、アラフォーだからと逃げてはダメ!>>

どうやら、ボランティア活動を頑張っているらしい

ボランティア活動を頑張るのは素晴らしいことです。しかし、ボランティア活動の忙しさを理由に、婚活の時間がないと言い訳にしてはいけません。ましてや奉仕した充実感に浸って、出会うこと自体をあきらめるのはもってのほか!ボランティアで価値観の合う異性との出会いを見つけましょう。

結婚できないアラフォー女が、ボランティアで失ったものとは!?>>

嫌なことがあったら、イケメンで現実逃避!

「好みの男性になかなか出会えない」とため息をつく、婚活中のアラフォーOL・カオリ。そんな彼女の婚活疲れを癒すのは、アイドルの追っかけや自分への浪費。さらにはSNSでのリア充アピールも毎日欠かさないのだとか。結婚できない独身40歳女の“現実逃避”がいかにイタイのか、その理由を、カオリのアラフォー女友だちが証言してくれました。

イケメンに癒しを求める40歳独身女に婚期は来ない!>>

結婚できない理由がてんこ盛り!アラフォー婚活の落とし穴

アラフォー女性が結婚できない理由は?

「年齢なんて関係ない!」と思っていても、心のどこかでずっと年齢を気にしているのがアラフォー女性というものです。

周りの同じアラフォー女性の友人たちのなかには、恋愛や結婚をして仕事もがんばっている人がいる。そんな彼女たちを見て「私はこのままでいいのかな」と考えてしまうのが、正直なところだと思います。それだったら、今からでも恋愛を楽しむべき。婚活に遅すぎるなんてことはありません。ただ、婚期が遅れている理由は必ずあります。そこでここでは、結婚できない理由をあきらかにし、アラフォー婚活を成功させるコツをご紹介していきましょう。

本当は誰よりも年齢を気にしている

アラフォーという年齢を気にしてしまい、恋愛になかなか踏み出せない人が多いです。年齢を気にする理由のひとつは、今の自分と昔の自分を比べてしまうせい。若い頃と比べると肌質や体型は違いますが、それは当たり前のことです。アラフォー女性に多いのが「20代だったらなぁ…」「あと10年若かったら…」といった、過去の自分にすがっている人。昔の自分を忘れられずに落胆するばかり。口癖は「昔はかわいかったんだけどなあ」、です。

また、年齢を気にしている割には、年下女性と張り合う傾向があるのもアラフォー女性の特徴。自分がアラフォーということもあり、年下の男性を好みます。アラフォー女性からみた年下の男性となると、30代の男性ということ。まさにモテ期の年頃のため、20代のライバルが多いわけです。30代の男は20代の女しか相手にしませんから、当然アラフォー女性は撃沈。アラフォー婚活のつらいところです。ですが、年齢を気にしているのに、望みは高いというちぐはくな状態で結婚できるはずがありません。

結局は今がいちばん楽しいと感じている

「結婚したい」とか「そろそろ結婚しなければヤバイ」とは思うものの、今がいちばん楽しいと感じているアラフォー女性は厄介です。仕事も順調で生活に困っているわけでもなく、自分の時間やお金も十分にある…。そうなってしまっては、結婚したい願望があっても、婚活に本気で取り組むことができない。また、ある程度の年齢を重ねていると、自分の生活スタイルが出来上がりますよね。彼氏は欲しいけど、今の生活は捨てたくないという気持ちが勝ってしまうのです。

結婚相手の条件が言い訳になっている

年齢を重ねるほど、結婚相手への理想が高くなってしまうのがアラフォー女性。「今さら誰でもいいってわけにはいかない」と言えば、周りもある意味納得することでしょう。ああ、だからいままで結婚できなかったのね、と。満足のいく条件の相手がいないから結婚できない、という言い訳が正当なものだと思っている時点で、完全にアウト!言い方は悪いですが、アラフォー女性は選ぶ側にいない、選ばれたらラッキーくらいに考えないとダメだということです。

結婚するためにアラフォー女性がすべき5つの行動

1.アラフォーであることをあらためて自覚する

アラフォー婚活で陥りがちな、年齢的なマイナス要因から生じる負のスパイラル。アナタが年齢を気にしている限り前には進めませんので、なんと言ってもまずは年齢を気にしないこと。いまさらどうにもならないことを気にするよりも、アラフォーにはアラフォーの武器がある、ということを自覚しましょう。特に同世代や少し上の世代の男性には、若いだけがとりえのような女性よりも、社会的にも認められ自立した知的な女性のほうが話しが合う、というケースも少なくないのです。

2.これまでの経験を活かして人間力を発揮する

アラフォーの強みといえば、20代女性と比べて約倍の人生経験をしていること。これまでの経験で培った人間力を、フルに発揮しましょう。例えば、彼氏をただの「男」と見るのではなく、ひとりの「人間」として見るようにすれば、尊敬の気持ちを持つことができます。これは、アラフォー女性の人生経験が豊富だからできることです。相手に合わせて臨機応変にコミュニケーションが取れるようになれば、がぜんアラフォーが優位になってきます。ただし、20代でも人間のできた女子もいます。そんなレベルの高い子がライバルとして出現したら勝ち目はないので諦めて、次のターゲットにうつりましょう。

3.必要以上に束縛せず相手との良い距離感を保つ

若い頃のように、毎日会ったり電話したりするベッタリな恋愛は、お互いに疲れてしまいます。アラフォーにもなれば、時間の大切さや使い方がわかっている年齢です。お互いが自分の時間を有意義に過ごし、程よい距離感を保つようにしましょう。相手を束縛することなく、2人で楽しい時間を過ごせますよ。

4.相手の長所を見つけ、短所を受け入れる

簡単に言ってしまえば、「相手の短所やダメなところをどこまで受け入れることができるか」ということ。キャパが小さいまま歳を重ねてしまった人間には、相手を許すとか、受け入れるという行為がなかなかできません。自分のことは棚に上げて、相手の嫌なところばかり見てしまう傾向が強いと思います。アラフォーの婚活を成功させるためには、この「相手の短所を受け入れ、いいところを探す」ことが、もっとも重要なポイントといってもいいかもしれません。

5.相手がバツイチでも気にしない

男女問わず、離婚歴があることは珍しいものではなくなりました。しかし若い世代には、恋愛を躊躇させる要因になるのは間違いないと思います。アラフォーになった今では、相手がバツイチであっても受け入れるだけの器量があるはず。自分がバツイチの場合も同様で、相手にキャパがあれば受け入れてもらえます。バツイチで子どもがいる場合などはじっくり話し合う必要がありますが、それはお付き合いを続けていくなかで判断すればいいこと。出会った時点でバツイチであることを隠さずに話してくれた相手は、2度目の結婚を絶対に成功させたいと考えているに違いありません。ですから、バツイチNGなんてもったいない考えは、今すぐ捨てましょう。

まだまだイケる!でも出会いがない…アラフォーが挑むべきは結婚相談所