アラフォー婚活TOP » 【第5章】アラフォー・カオリの迷走メール~だから結婚できない~

【第5章】アラフォー・カオリの迷走メール~だから結婚できない~

「気になる男性から返信が欲しい!」とメールやLINEの返信に燃えるアラフォーOL・カオリ。しかし、カオリが送るメッセージは、男性たちの心を遠ざけているようなのです。カオリは一体、どんな返信をしていたのでしょうか?アラフォー女性が陥りがちな失敗メールや、間違ったLINEのやりとりを紹介していきます。

質問してあげたら、返信しやすいでしょ?

今やコミュニケーションツールとして欠かせないLINE。アラフォー独身のカオリは、間違ったLINEの使い方でますます婚期が遅れているみたい。

「返信しやすいように質問責めにする」「一方的に写真だけ送りつける」といった、イタ~イ女の行動をまとめました。男性の本音も一緒に紹介しているので、要チェックです!

LINEで結婚が遠のく!?アラフォー女性が勘違いしているLINE術>>

お気に入りのスタンプで、思いを届けたい!

LINEのスタンプはかわいいものがあり、ついつい多用するでしょう。しかし、アラフォー女性が「男性にかわいいと思われたい!」と若い女子が使うようなスタンプを送るのは、逆効果。男性はアラフォー女性のぶりっ子にドン引きするのです。そこで、LINEスタンプやメールについて、気を付けるポイントを紹介します。

恋愛ベタなアラフォーほどLINEやメールで大失態!? >>

アラフォー女性が失敗しがちなメールやLINE

コミュニケーションの手段として、メールやLINEが私たちの生活に欠かせなくなりました。婚活においても、気になる男性と何気ない会話を楽しんだり、デートのお誘いをしたりする際に使いますよね。しかし、気軽に会話できるからといって、自分のペースだけでメッセージを送っていませんか?実際に会わないとはいえ、メールやLINEの向こう側には相手がいます。「返信が欲しいから」「自分をアピールしたいから」といった自分のエゴばかりだと、相手はあなたとの距離を置きたくなってしまうでしょう。
さらにメールやLINEには、アラフォー女性が陥りがちな落とし穴があるのを知っていますか?あなたが何気なく送ったひと言が、相手の心を一気に遠ざけているかもしれません。そこで、アラフォー女性が失敗してしまいがちな、メールやLINEについてまとめました。

アラフォーに似合わない若作りをしている

若い人たちが送り合うメッセージって、テンションが高くて楽しそうだと感じますよね。アラフォーだって、テンションを上げて異性との会話を盛り上げたい!と思うことがあるはず。相手とのやり取りに気合が入ってキャラを変えたり、ハイテンションなメッセージを送ったりする人もいるでしょう。しかし、時の流れは残酷なもの。若いときは許されていたそのノリが、いいオトナになってくると周囲の避難を浴びてしまう恐れがあるのです。

アラフォーになっても気持ちは若くありたいと願うもの。気になる男性に可愛いスタンプやメッセージを送って、気を引きたい乙女ゴコロもあります。しかし、それが許されるのは20代~30代前半の若い女性だけ。アラフォー女性が同じようなメッセージを送ると、相手からは「なんかイタイ…」と思われてしまうかも。それに気づかずに送り続けると“若作りをするイタイおばさん”のレッテルを貼られてしまいます。

「今までは良かったのに、どうして?」と思いますよね。でもこれが、歳を取るという現実なんです。このような返信をしてしまう人は、おそらく不安を抱えているから。「おばさんっぽい返信だと思われたくない」という考えから、若い人たちのマネをしてしまうのです。

年相応の返信ができるほうが、好印象だということを知っておきましょう。そのほうが、あなたの魅力がより伝わるはずです。

絵文字や顔文字を多用している

使うだけで、文面が華やかになる絵文字や顔文字。「気持ちを表現するのに便利だから」と、使っている人も多いと思います。しかし、絵文字や顔文字を多用したメッセージは、アラフォー女性にとってはマイナスイメージ。一見、明るくて楽しそうだと思われる文章ですが、アラフォー女性が送ってしまうと、大人っぽさを感じられない文章になってしまいます。

それから、略語や当て字、誤変換などのネットスラングをよく使う、という人も要注意。語尾の「(笑)」を「w」にするような言葉は、アラフォーにとって危険です。相手がネットヲタクで多少の理解があるなら話は別ですが、好印象を持ってくれる人はほとんど居ないでしょう。

今まで使ってきた絵文字や顔文字など、一度見直してみませんか?強調したい部分にのみ絵文字や顔文字を使うようにして、文章のメリハリを意識してみてください。ネットスラングを使っている人は、入力しないようにすることをオススメします。

返信を送るペースや時間帯を気にしていない

気になる男性が相手の場合、メールやLINEの返信ペースは意識しちゃいますよね。好きな相手とのやり取りは、仲の良い友人同士よりもつい気になってしまうもの。「好きな人への返信は早くしたい!」という人もいれば、「ワザと数時間空けて返信する」なんて人もいるのでは?あなたは“駆け引き”を楽しんでいるのでしょうが、相手はウンザリしているかもしれません。

例えば、早すぎたり遅すぎたりするペースでの返信。相手と少しでも多くやりとりしたい気持ちは分かりますが、返信が早すぎるのは少々せっかちです。逆に、長時間空けて返事をすることも、あまり好ましくないでしょう。相手から「やりとりするのが苦痛なのかな?」と思われかねません。

ベストなのは、相手からの返信が送られてくる間隔に合わせてやり取りすること。例えば、相手からの返信が5時間後に送られてきたとします。そしたら、こちらも5時間後を目安に返信すると良いのです。
ここで注意したいのが、相手の生活リズムを考えない時間帯の返信。相手が会社勤めのサラリーマンであれば、早朝や真夜中、仕事中の時間帯は返信を避けるべき。なるべく、相手の負担にならない時間帯の返信が◎ですよ。

アラフォーになると、自分の内面と周りから見たイメージのギャップを感じるでしょう。一般的に世間から見たアラフォーは、人生経験をそれなりに積んで、精神的に成熟している世代。なので、メールやLINEのちょっとした返信ひとつで、相手に幻滅されてしまう恐れがあるのです。

経験豊富なアラフォー世代なら、人を不快にさせない気遣いが身についているはず。相手に負担をかける、疲れさせてしまうようなやりとりは、自分の印象をどんどん下げてしまいます。大人の女性として、気遣いと知性のあるやりとりを心がけてくださいね。

まだまだイケる!でも出会いがない…アラフォーが挑むべきは結婚相談所