アラフォー婚活TOP » 【初心者編】アラフォー女性婚活の現実 » 焦りからうまれるアラフォーの婚活地獄

焦りからうまれるアラフォーの婚活地獄

「理想の人と出会うまで結婚しない」「私を好きになってくれる人は必ずいる」と、都合のいい白馬の王子様を待ち続けて、気づけば40代。まだ独身であることに焦り、理想の相手を自分で見つけるために、婚活を始めた人もいるでしょう。ですが、理想を追い求めすぎると、ズルズルと婚活地獄に陥ってしまうかも…。身も心も疲れないように、楽しく婚活を続けるためにはどうすればよいのでしょうか。

婚活地獄に陥ってしまう人の特徴

婚活地獄に陥ってしまう女性

婚活地獄に陥ってしまう人の共通点を、3つ紹介します。みなさんは当てはまっていませんか?

1.年収などのスペックにこだわりが強い
「年収600万以上が最低のライン」などと男性に求める条件を高く設定しすぎると、結婚は難しいでしょう。以下の表は転職サイト『DODA』が発表した、男性の平均年収を年代別にまとめたものです。

年代 平均年収
20代 368万円
30代 488万円
40代 616万円
50代 742万円

※2014年9月~2015年8月時点

一見、40代の平均年収が616万円なので高望みなどしていないようにも思えますが、じつは年収600万以上の男性は全体の4割にしか過ぎません。あとの6割は年収が600万円以下。結婚相手候補の40代のうち、未婚の男性は2~3割しかいませんので、さらに狭き門になってしまいます。アラフォー女子は経済的にも自立していますから、結婚生活はふたりの収入を合わせていくらになるかを考えればよいわけですよね。高収入のほうがいいに決まっていますが、相手に求める条件に固執していると、間違いなく婚活地獄まっしぐら。自分がアラフォー女子であることを棚に上げて、多くを求めてはいけません。

2.過剰な「自分磨き」でリア充アピール
教養を高めるため、資格を取るため、ハイクラスな女になるために自分磨きをするのはいいのですが、やりすぎは禁物です。ヨガやスイミングスクール、英会話教室に料理教室など、さまざまな習い事がありますが、あまりに自分磨きに熱中しすぎると男性は引いてしまうものです。もともと女性はトレンドに敏感で好奇心が旺盛な人が多いですし、新しいスポットに行くのも、観劇するのも、旅行に行くのも圧倒的に女性が多い。それに比べ男性は保守的で活動量も決して多くありません。あまり習い事や趣味の忙しさで“リア充”振りを見せつけてしまうと、「金もかかりそうだし、自分のことばかり優先しそうな女だな」と敬遠されてしまいますよ。

3.「結婚したい」という焦りがバレバレで痛すぎる
「早く結婚したい」という気持ちが前面に出すぎると、自分の気持ちとは裏腹に相手は遠ざかります。口を開けば「あー、奥さんがほしい!」と言っている男性に魅力を感じますか?それと同じです。焦っていたとしても一切表には出さず、ゆとりを感じさせるような笑顔を心がけましょう。アラフォーだって女子の端くれ、ガツガツ攻めるなんてはしたない真似はやめましょうね。女性の最終兵器、「笑顔」で心の中の焦りを覆い隠し、魅力的なアラフォー女子を演出できれば、こっちのものです。

婚活地獄の脱出口は「婚活を楽しむ」こと

婚活地獄に陥らないためには、婚活を「楽しむぞ!」という気持ちが大切。ただ気持ちだけでは乗り切れない場合もありますよね。そこでここでは、婚活地獄を脱出できるおすすめの方法を3つ、紹介します。

1.ビジネスのように婚活プランや目標を設定する
どう婚活を進めていくか、プランを考えることが大切です。たとえば「何回目のデートでプレゼントをもらう」と目標を立てるなどの工夫をしてみてください。ただ婚活をするだけでは先が見えず「本当に結婚できるのか…」と、不安な気持ちになってしまいます。目標を定め、達成することで自信が持てるようになるのです。そのうえ「絶対に成功させるぞ!」とやる気も出てきます。目標に向け具体的に動けば、停滞感や無力感を払拭できますし、あきらめることなく婚活を続けられるのです。

ただ「結婚したい」というだけで婚活を続けても、いずれは飽きてしまいます。希望にあふれる未来を想像して、達成するためのアクションを起こしましょう。

2.オンオフのスイッチを切り替え適度にリフレッシュ
行き詰まりを感じるようになったら、適度に休憩して気分をリフレッシュしてはどうでしょうか?成果が出ないまま続けても楽しくないし、疲れるだけ。婚活を続けることがイヤになる前に、「婚活モードのスイッチをオフ」にして、早めに気分転換するのがベスト。

おいしいものを食べる、自分へのごほうびを買うなどして、少しの間、婚活のことを考えないようにしてください。いったん気分を落ち着かせれば「またがんばろう」と、前向きな気持ちを持つことができます。もしかすると、スイッチをオフにしたとたん、「運命の相手」に出会えるかもしれませよ。

3.同時多発的になるべく多くの男性と出会う活動をする
婚活パーティーでも結婚相談所でもかまいません、なるべく多くの男性と出会うことを心がけましょう。一回失敗したくらいでくよくよしている場合じゃありませんよ、時間がないのですから。実際、「婚活を始めたとたん、もてるようになった」というアンケート結果があるくらいですから、きっと言葉を発しなくても「わたしを見て!」というオーラが出てしまうのかもしれません。

「楽しみながら多くの男性と知り合いたい」という人にうってつけなのが、共通の趣味を楽しみながら婚活ができる「趣味コン」です。好きな映画について語り合ったり、動物と触れ合いながらおしゃべりをしたりして、相手との距離をグッと縮められます。同じ趣味の集まりであれば、価値観が合う人と出会う確率は高くなること間違いありません。積極的に参加して、気の合う人をどんどん見つけましょう。

婚活を楽しむことができたら、辛さも疲れも感じなくなります。婚活地獄から一日も早く脱出して、結婚達成に向け明るく活動していきましょう!

まだまだイケる!でも出会いがない…アラフォーが挑むべきは結婚相談所