40代で結婚できない人の特徴

どうすればアラフォー女性でも結婚できるのか?

結婚できない40代の「ここがダメ」な5つの共通点

ウェディングドレス姿

既婚者と独身者、一体なにが命運を分けるのか。その謎を解明するため、結婚相談所で働く婚活プロの経験談を参考に解析を行いました。その結果、当たり前すぎるNG行動と年齢的なリスクが合体することによって、最強の「結婚遠ざけ効果」を発揮していることが判明しました。

「そんなことは言われなくてもわかってるよ」と思いながらもついついやってしまいがちな以下の5つ項目、あなたはいくつ該当していますか?

結婚を遠ざけるその理由についても具体的にまとめているので、チェックしてみてください。

1.40代なのに…こだわりが強い

40代になると、経験が多いゆえに凝り固まったこだわりを持つ方が多く見られます。しかし、結婚で試されるのは「どこまで許容できるか」という器の大きさ。自分とは別の環境で育ってきた相手の感覚をマイナスに思ってしまうのであれば、結婚は難しいでしょう。癖や習慣含め、相手の持つ自分とは異なる感覚をプラスに捉えられる柔軟さが、結婚を成功させるためには必要です。

2.40代なのに…愛想がない

若い子みたいにあちこち笑顔をふりまくなんて無理、なんて言っているアラフォーのみなさん。第一印象で年齢的なマイナス要因をプラスにできない人には、見込みはありません。出会ったときに笑顔が作れない、目を見て話せないとなれば、人間関係をうまく築けない人だと思われても仕方ありません。不愛想は婚活以前の問題でしょう。逆にいえば、第一印象はあなたのことを知りたいと思わせる重要な入口。アラフォー世代の女性は特に、朗らかで温かい人柄をアピールしたいところ。「無愛想な人と結婚したい」と思う人がいるかどうか、考えるまでもないでしょう。

3.40代なのに…短気な人

歳を重ねれば、物事の捉えるスタンスや考えかたに余裕が出てくるもの。もともとの性格がせっかちで短気という人もいると思いますが、そういう性格はなんとか軌道修正しないと、結婚は難しい。短気で先を考える余裕がない人は、そもそも呼吸を合わせて他人と生活すること事態が難しいでしょう。寛容で相手と足並みを合わせられる、トラブルにも落ち着いて対処できるような人が、生涯の伴侶として理想なのではないでしょうか。

4.40代なのに…否定から入る

人生経験が多いゆえからか、つい口をついて出がちな「いや」「ありえない」「でも」「だって」という否定的な言葉。しかし、これらを多用する人は相手に大きなストレスを与え、会話そのものを嫌がられます。これは男女の関係だけに限ることではありませんが、肯定的な言葉でコミュニケーションがとれる人は、話していて気持ちよく会話が弾むものです。嘘をつけとは言いませんが、相手の話をよく聞き、理解できる部分を見つけることから始めてみてはいかがでしょうか。

5.40代なのに…気配りも気遣いもできない

自然な流れを無視し、初めの段階で質問攻めをしている人。仕事なら効率的ですが、相手は婚活相手です。自分のペースだけで突っ走ってしまうと、相手は引いてしまいますよ。40代に必要不可欠なものは「気配りと気遣い」。これができないようであれば、20代や30代のライバルに勝てるわけがありません。相手の立場や状況を考えて、先回りして行動が起こせるような人には、異性としての魅力というよりは「人間としての魅力」が備わっています。人に求めるよりもまず、自分のこれまでの行動や要求をいま一度見直してください。自分本位な人間のままでは、このまま結婚できずに一生を終えることになりますよ。

いかがでしたでしょうか?ひとつでも当てはまっていた方は要注意。自分の欠点を認めることは簡単ではありませんが、いくつになっても人間は成長できる生き物。「40代にもなって、いまさら自分を変えられない…」などと言っている場合ではありません。そうやって自分を甘やかしてきたから、40代まで独身、なのではないですか?耳が痛いと感じてくれたあなた、まだチャンスはありますよ!

人とどう接するかを改善すれば結婚のスイッチが入る

「結婚できない40代の『ここがダメ』な5つの共通点」を見てわかることはなんでしょう?先ほども書きましたが、いくつになっても「自分本位の行動や欲求」を相手に押し付けてしまうような人は、まず結婚は難しい、ということが分析の結果わかりました。相手の立場に立っていない、相手が何かしてくれると期待している、といった自分本位の考えを持ったままでの婚活成功はありえません。

結婚に夢のような理想を追い求めて許されるのは、20代まで。

40代になった今、現実的に結婚後までの生活を見据え「相手を受け入れる寛容さ」「我慢強さ」「歩幅を合わせられる余裕」を持ち合わせておくべきです。今までの無意識に行っていた自分中心ペースを変える心がけをし、相手のことを考え大切にできるようになれば、自然と上記の3つは手に入ります。現実を直視して意識を変えることができれば、「結婚率2%以下」であるアラフォー婚活の2%に入れるはずです。

まだまだイケる!でも出会いがない…アラフォーが挑むべきは結婚相談所